• ホーム
  • 狭心症の兆候になる寒気と有効な降圧剤

狭心症の兆候になる寒気と有効な降圧剤

血圧を測定する医者

狭心症は心臓に酸素を送る血管が詰まり、心筋が十分に機能しなくなって、胸の痛みが起きる病気です。
悪化すると心筋梗塞になり、命にかかわるケースも多いので、兆候を感じたら早めに医療機関を受診することをお勧めします。
とはいえ狭心症の症状は、胸の痛みだけではありません。
動悸や息切れ、胸や喉がつかえたような感じ、寒気や耳鳴りなども見られます。
また左肩がこったり、左腕が痺れたりすることもあります。
こうした症状は周囲の温度が急に変化した場合などに起きやすく、ただの寒気を狭心症と結びつけるのは難しいかもしれません。
しかし普段から血圧が高めだったり、悪玉コレステロールの値が高かったりする方は、狭心症を疑ってみる必要があります。
寒気とともに息苦しさや吐き気を覚えるような場合には、特に気をつけなければいけません。

狭心症には主に急激な運動の後に発生する労作狭心症と、朝起きた時などに多い安静狭心症があります。
高血圧による動脈硬化は、いずれの場合にも大きなリスクになります。
そのため高血圧を伴う心臓の発作は、降圧剤を用いて治療するのが一般的です。
降圧剤にはベータ遮断薬・カルシウム拮抗薬・硝酸薬などの種類があります。
このうち硝酸薬は、冠動脈や抹消動脈・静脈を拡張する作用があり、急激な症状を緩和しますが、耐性を生じるため長く使いつづけることはできません。
カルシウム拮抗薬も血管を広げるとともに、冠動脈の痙攣を和らげる効果があります。
ベータ遮断薬は心拍数や心臓の収縮力を抑える作用があり、労作狭心症には有効ですが、安静時に服用すると逆効果になる場合があります。
このように同じ降圧剤でも、症状によって使い分ける必要があり注意を要します。

サイト内検索
人気記事一覧